スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

あう~(T^T)

ペットネタ続きですみません。
今日も金魚ネタです。
お付き合いいただければ・・・嬉しいです。

今日は・・・またもや悲しいネタになります
転覆・沈没病を煩っていた室内療養金魚と外飼育の数匹が・・・、☆になりました。


今回まず最初の仔は・・・、ミルクピンポンのこの仔です・・・。

ミルクピンポン2

この仔は我が家に第一弾ピンポンとしてやってきました。
ミルクピンポンの中では泳ぎが達者で気も強かったので、長く外の水槽で過ごしました。
でも、ミルクピンポンだからか、肌(というのでしょうか?)が弱く、赤斑病を発症し、そしてお尻の上がる転覆病も発症し・・・
で、冬は沈没魚療養水槽で生活しました。
23度保温で飼っていたら、他の沈没ピンポン達を追い回した(今から思えば発情していたのかも・・・)ので、仕切って生活させるハメになりました
白というよりクリーム色をしてました。


急に☆になる仔が増えてきたので肩を落としていたら、次は行方不明魚がでました・・・

福ダルマ 透明鱗

この仔は福ダルマです。
片目だけ出目・・・というか水疱
病気かとは思うのですが、特徴的な容姿のこの仔、エサの時には必ずどこからともなく現れる食いしん坊さんだったのに・・・、エサの時に現れなくなり、探したのですが見あたらず・・・
猫にでもやられたのかしら・・・



そして・・・まさかまさかの

まるりん

まるりん

そう、一番のお気に入り、「まるりん」までも帰らぬ魚に
チビ1号もお気に入りの「まるりん」、水疱を発症し、体型ゆえ(?)の転覆病、隔離治療を試みるも甲斐無く☆に
ゴルフボール大くらいまで成長していて、前から見ると「みかん」体型になりつつありました。
この仔の死により、チビ1号は「死」を理解しました


そして最後に、隔離療養最後のミルクピンポンも・・・

ミルク


ピンポン白

手前の仔です。
いつも一緒にいた後ろの仔に先立たれ、寂しそうでしたが、本水槽に戻ることなく☆になりました
小柄でしたが真っ黒な目と綺麗な体色の仔でした。
沈没病と最後には水疱を発症してしまいました・・・
☆になった後は、いつも一緒にいたミルクピンポンのそばに埋めました


手を尽くせたかどうかは謎ですが、短期間で何匹も・・・となるとキツイです
超お気に入りのまるりんまで☆になり、がっくりきましたが、チビ1号がまるりんの死を悼み、シクシク泣き続けるので泣くに泣けなくなってしまった事はヒミツです
でも、まるりんは何匹もの子供を残してくれたので、残った子供達を大切にしたいと思います
ピンポン飼育は難しいですね・・・
でも、チビ1号は世話はしないけど、また飼いたいようです
ピンポンは小さくて丸いのが可愛いと思うのですが(大きくなっても愛嬌たっぷりですが)、チビ1号は大きくて丸い個体が好きなようです
夏休みになったら、弥富に金魚を見にいけるといいなぁ・・・と思ってます


では、また。


以下、拍手レスです~


ツカヅキ様
コメントたくさんありがとうございます!!
毎日蒸し暑くて嫌になりますね~。
梅雨はまだあけないのか?!とボヤいてます
梅雨の間は金魚のエサは控えめがいいそうなので・・・。
ここ数日で、稚魚集団の中でグンと大きくなる個体も出てきました←おそらく、急激に大きくなる個体がエサを独占していると思われます・・・
たくさんで飼っていても大食いな仔はよく育ちます
枝豆も今のところ、枯れずに元気です
また、いらして下さいね。
イラスト更新停滞中ですが
ありがとうございました!!





拍手する

テーマ : 金魚日記 - ジャンル : ペット

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。